こんにちは、2020年1月入会の皆藤佑介です。

 

2020年末は何していたかなぁと振り返っていましたら

PROGRESSのアーティストたちのオリジナル楽曲を集めた

コンピレーションアルバム『PROGRESS MUSIC vol.1』

PUBLICでの発売発表をさせていただきました。

発売は今年の1月でした。

懐かしい!(そして、今は発売終了してます!)

↓このようなジャケットでした!!

ご協力いただいた皆様、その節はありがとうございました。

 

そして、今年の年末は何かあるのかなとか

自分でも何かやりたいなと思い、考えていました。

 

今年は何と言っても、僕のTV配信『Midnight Cruise』でも

たくさんの音源を流させていただきました

『THE FIRST TAKEごっこ』!!

 

たくさんのメンバーが歌い、たくさんtheaterにも投稿されました。

 

個人的にはMidnight Cruiseをやっていくにあたってすごく助けられた企画でした。

(著作権の絡みですね汗)

本当にありがとうございます!

(今後もたくさんの音源をお待ちしております!)

 

そこで、僕のところに届いた全曲は難しいのですが、

僕がその中から勝手に選出して、

『PG紅白歌合戦』として

一挙に音源を紹介するTV配信したいと企画しました。

 

本家のようにどちらが勝ったとかはやらないのですが

純粋に音楽を楽しめればいいなと思っています。

 

そして、すでに選出が終わっております。

 

音源や映像データの使用許可をしていただいたみなさんに感謝です。

ありがとうございます。

 

ところで、この企画をやろうと思った経緯ですが、

僕の「Midnight Cruise」という配信は先ほども記しました通り

みなさんの音楽活動によってできているということへの感謝と

メンバーの音源をみなさんにもっと聞いてほしいという願いからです。

 

日頃から僕はみなさんのおかげで配信ができているんだなぁと

毎回感じながらDJ配信をしています。

 

『THE FIRST TAKEごっこ』に参加していただいたみなさん、

そして『THE FIRST TAKEごっこ』を生み出してくれた遠藤さん、

撮影をしていただいた秋田さん、本当にありがとうございます。

 

こういうときだからこそ、メンバーが歌う歌を聴くことで

特別な感情な気持ちになったり、応援しながら聴けたり、

自分もやってみたいという気持ちになったり、

さまざまな感情を抱くのもいいかなぁと。

 

僕は音源を流すことしかできないので

それでみなさんが盛り上がってくれたり

楽しんでもらえたらいいなと思っています。

 

そして、ジェンダーに関しても考えるキッカケになってほしいです。

 

紅白というわかりやすい区別がされている番組名ですが、

あくまでこれば便宜上のものであるということを理解していただき、

その上でLGBTQも軽視しているわけではないことも

ご理解いただけると嬉しいです。

 

LGBTQを考えるキッカケになればいいなと思っています。

 

そのため、森田一花さんのLGBTQステッカーも

サムネイルに使わせていただきました。

最後に少し僕の話をしますと、

ご存じの方もおりますが、だいぶ昔ですがクラブでDJしていました。

 

僕の音楽ジャンルはHOUSEというジャンルで

もともとゲイの方々も楽しんでいた音楽でもあります。

 

歴史を遡るとパラダイスガレージやウェアハウスなどという

伝説的なクラブがあり、そこは自由な空間でした。

 

WikipediaにHOUSEという音楽は、このように書かれています。

「ハウスミュージック」は、ディスコや、フィラデルフィア・インターナショナル・レーベルやサルソウル・レコード[9]などの、いわゆるフィラデルフィア・ソウル(フィリーソウル)などの楽曲を音源とするものも多かった[10]。また、先駆者であるラリー・レヴァンや彼の「パラダイス・ガレージ」の客層と同様に、初期のハウスシーンは、ディスコと同様、DJ、客層ともに黒人ゲイが多かった。ディスコは音楽的な評価は低かったが、社会的にはゲイ、もしくはLGBTに対する性差別解消をテーマにする音楽であるとして、ある程度評価された[11]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9_(%E9%9F%B3%E6%A5%BD)

(Wikiより引用)

 

僕も当時クラブでDJしているとき

ゲイやレズのお友達と遊んでいました。

僕は一緒にその空間を楽しむ仲間でした。

ですから、1人の人間として関わっており、個人的には

男女の区別があってもいいし、

グラデーションがあってもいいし、

どっちがいい悪いではなく、

お互いがお互いを認め合えればいいんじゃないかって思っています。

 

だからこそ、お互いがお互いの立場を尊重できるといいなと思っています。

 

当日は音源や映像を流すというMidnight Cruiseのスタイルになりますが

ぜひ楽しみにしていただけると嬉しいです!

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。