ホームルーム、授業&トークチャンネル収録、YouTube大学、中田敦彦トークチャンネル。

全て見ると完全に重複となってしまうこれらのコンテンツを、ひょっとして余すことなくご覧になられている方がいらっしゃるのではないでしょうか。何を隠そう、私もその1人です。(なおかつ、YouTube大学は忘れた頃に再び見ることまであります)

どうして、これほどまでに中田敦彦を見てしまうのか。

基本的に、中田敦彦は頭が良く、普段自分たちがたどり着かない答えを出してくれたり、難しいと感じていることを分かりやすく伝えてくれたりします。こうした「学び」の側面があるために、私たちに見たいという感情を呼び起こさせます。その側面はYouTube大学に如実にあらわれています。

そして、芸人として鍛え上げられた話芸、澱みない流暢な語り口、聞きやすい声量と音声。メディアコンテンツとして高品質なものを提供してもらっているという、ある種の安心感もあります。それは、何かをしながらでもBGMとして楽しめてしまうほどです。

これだけあれば見てしまう理由としては十分だと思われます。しかし、一般的な知識人クラスの人たちはテレビなどの表舞台に立ち、ある程度のトークスキルを備えているわけで、上記の条件を満たすような人たちはあたりを見回せば何人も思い当たるはずです。しかし、中田敦彦ほどにのめり込むわけではないのです。一体どこにその差があるのでしょう。

それは、一般人の意識をはるかに凌ぐ中田敦彦のメンタルの強さに他なりません。

あっちゃんは顔出し引退からの前言撤回に代表されるように、通常ならば一度言ったことを曲げるなどという、通常恥ずかしくてできないようなことをいとも簡単にしてしまう人物なのです。

人の願望の奥深くに眠っていたり、あまりに奥深いがため気付いてさえいない「本当にできるのであればそうしたい」という願望をそのまま行動として出してしまう人物なのです。

その気持ちいいまでの方向転換の速さと、(ガードを固めた上での)周辺人物への歯に衣着せぬ発言。それより我々は依存性の高いある種の脳内麻薬を発生させることで、「もっと中田を、もっと中田を」と欲してしまうのではないでしょうか。

きっと、私たちから見て中田敦彦は「ずっと開いているパンドラの箱」なのだと思います。

通常であれば決して開けてはならない禁断の箱。

人が悩みに悩み最終もうどうしようも無くなった時に罪悪感を持ちながらもやっと手に掛ける、呪われた伝説を持つ悪魔の箱。

そんなパンドラの箱の蓋がデフォルトで全開になっているのです。

そのうち私たちもこの中田敦彦中毒の罠にかかり「私はPROGRESSの首領になる」などと言っていることでしょう。

明日のホームルームも楽しみで仕方がない。

22322番 永野 剛