こんにちは!アリスカーナ所属の久保卓人です。

 

ラッパー育成ドキュメンタリー「ザギャッパー」では、第三の刺客チーム「ハイネケン」として中盤から参加させていただいております。

 

新村拓之さん、浜田ナレットさんと僕という30代後半の3人組なので、

最近は「中間管理職世代チーム」の方が合っているような気もします。笑

 

僕は長年バンド活動をしてきたので、

作詞作曲ということに関しては、もう随分と数をこなしてきましたが、

ラップの作詞というのは初体験でした。

一番の違いは、メロディーの制約がないということですね。

16小節の時間の中であれば何をどれだけでも言える、というのは大きな驚きでした。

 

今回は、「自己紹介」「人生」という二つのテーマがフクローPからありました。

両方とも、とことん自分自身と向き合うテーマ。

 

「ラップは、誰が何を言うかが重要」と言うことを教わり、

僕は今回の作詞で普段言わないことを言おう!と決めました。

 

わざわざ言う必要も、言うタイミングもないような自分の過去や性格。

円滑なコミュニケーションをするためには、隠しておいた方が良いようなこと。

 

HIPHOPのトラックの力を借りて、隠したくなるような本音だけを語る16小節。

不思議と「ああ、俺ってこう言う人間だよな」なんてことを改めて知ることができた体験でした。

 

同じくして、他の二人のチームメンバーのことも、すごく深くまで知ることができた気がします。

PROGRESSメンバーとして交流するだけでは、きっと知れなかった。

同僚や友人として付き合うだけでも、知れなかったかもしれない。

そんな心の奥の奥を交わしあえたような、貴重で、嬉しい体験をさせてもらってます。

 

次は、僕らのメッセージが誰かの心に届いて、

ポジティブな変化を起こすきっかけになれるようになりたい。

そのためには、音楽として精度を高めなきゃね。練習練習。

 

5/16のライブまで1ヶ月を切りました。ワクワクと、ドキドキと、ソワソワ。

良いバランスで混ざり合ってます。

 

会場や配信。あなたのいてくれる場所へお届けに参りますので、

当日、お会い出来る事を楽しみにしてます。

 

好きにさせちゃったら、めんご。なんてね。