自己開示系コラムです。家族関係に関する過去の悩みを書いています。
また、努力をして学び続けることを是とした、マッチョ思想の内容です。
そのような文章に不安・不快感・ストレスなどを感じる方は、お読みにならないことをお勧めします。

怒りの一次感情は、悲しみだという。

それならば確かに、その人は傷ついていた。

「ふっざけんなよ! ノートをタダで置いてたら見に来ねえし、有料にしたら高いっていうし、捨てたら怒るし…。なんなんだ! どうしたいんだよ!


2021
424

中田さんは、もがき苦しんでいるように見えた。

PROGRESS――前進』

誰も引き止めないでくれ。俺の歩みを止めないでくれ。

そう名付けたはずの、みずからのサロン。それなのに。

何十、何百もの腕が、中田さんの体にしがみついているように見えるときがある。

常人が一歩進んでる間に、中田さんは三歩先を行く。

だが、そのたびに引きずり戻される。

その腕は、中田さんに触れられるほど近い距離を保ちたがるのに、文字通り足を引っ張りたいのだろうか?

いや、違う。

その人たちもまた、咽び泣いているからだ。

溺れている人が必死になり、救助に来た人に無我夢中でしがみつく。

結果的に二人とも溺れるか、助けを求める人の手を振り払うか。

悩んでる間にも、喉元に絡みつく腕は、どんどん食い込んでいく。

中田さんを通して、そんな嫌な感覚を、思い出していた……。


HR
前に受信したメッセージを、ちらりと見た。

「元気にがんばっていますか」

父の、友人のお方だ。

「三年が早いね。心の中では元気な彼が生きています」

424日。父の命日。

忘れていた。正直、思い出したくなかった。

だが、その日は毎年やってくる。

たとえ自分が、成長の歩みを止めていようとも。


『それでも、前へ
/ 岡本裕樹』

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について